KODAWARI

MEMBER

「質」にこだわる

技術教育部 部長

D.Kashiwagi

「質」にこだわる

高校卒業を経て、塗料メーカーへ就職。当時、技術職として車の塗料の調合を行い、工場へレシピを提供する仕事を担当。その後”自己成長のために’’20歳でエンジニアとしてデビュー。お客様とメンバー思いのJAVAエンジニアで、現在は技術教育部の部長を担う。

あなたのこだわりは?

「質」にこだわる

 お客様への納品物の”品質”とお客様や仲間からの”質問”に誠意を持って答えて行きたい思いから”質”にこだわるを意識。

こだわりを選んだ理由は?

 塗料メーカーに勤めていたある日、当時利用していた転職サイト経由で、こだわりから面談兼選考に関するメールが届いたことがきっかけです。 当時は、まだ10名規模の会社だったのですが、面談時に代表小島が当社事業に対するビジョンや熱い想いに強く惹かれました。
 代表の話を聞いて、こだわりには良い意味でルールがなく、会社が成長していく様を1メンバーとして一緒に感じていきたいと思い、入社を決めました。

現在の業務内容は?

 技術教育部で「顧客へ価値を提供できるエンジニアを育成する」という目標に向かって、社内研修の実施や現場で困ったことの相談窓口を担っています。

やりがいを感じる瞬間はありますか?

 過去にご相談いただいたエンジニアの方が、実際に現場で評価されていることを聞いた時ですね。聞くたびに嬉しい気持ちになりますし、「この仕事をやってて良かったな」と思います。
 あとは、個人的に仕事終わりのメンバーとの飲み会も1つのやりがいですね(笑)

こだわりの魅力とは?

 上司に対してフラットな立ち位置で気軽に相談できる体制があることだと思います。
 業務中も上司自ら「サポートに入るよ」と提案をいただく場合が多いので、他社と比較しても相談できる機会は圧倒的に多いと思います。
 また、現場で何か問題が発生した場合に、迅速に調整対応を行ってくれる心強い営業部がいることも弊社の魅力だと思います。 会社全体で連携をとって、価値提供を行う姿勢そのものが、こだわりの魅力だと思います。

今後の目標はなんですか?

 将来的には、こだわりが中心となって運営するITスクールのような「エンジニア育成の為の学校」を作れたら良いなと思っています。
 どんなにメンバーが増えたとしても、こだわりがベンチャー企業であることに変わりはないので、これからも未知の領域に沢山チャレンジしていきたいと思います。

member list